犬火葬、猫火葬、ペット火葬は品川区の「ペット葬儀おやすみ」 » ペットが亡くなったら... まず行う3つのこと

ペットが亡くなったら…
まず行う3つのこと

1.ペットの身体を丸めてあげる

まぶた、口を閉じて、手足を胴のほうに曲げてあげましょう

犬やネコなどペットが亡くなると、数時間のうちに死後硬直が起こります。そのため、亡くなってからそのままの状態で寝かせていると脚が突っ張って延びてしまったり、まぶたが開いたままになってしまったりすることがあります。お亡くなりになったら、まぶたや口を閉じてあげ、手足は、胴のほうに関節を曲げてあげてください。

※すでに筋肉が硬直している場合は、無理に手足を曲げず、静かに寝かせてあげましょう。いったん硬直した筋肉は、ピークを過ぎると時間をかけて徐々に弛緩していきます。

2.冷却処置をして安置する

保冷剤などでお腹を中心に冷やしましょう

ダンボールなどのケースに、バスタオルやシーツを敷いて安置します。バスタオルやシーツを敷いておくと、ペットちゃんを移動させやすくなります。急に持ち上げてしまうと、口や鼻などから体液(血液)が出てくることがありますので、ゆっくりやさしく移動してあげましょう。

そして、保冷剤や袋に入れた氷などを乾いたタオルで包み、水がにじまないようにして、お腹や顔を中心に冷やしてあげましょう。夏場であればエアコンを20度以下に設定し、冬場は暖房を避け、室温の低い部屋に安置してあげましょう。

※ケガなど、ペットちゃんに傷がある場合、傷口からも体液(血液)が出てくることがあります。可能な限りでかまいませんので、傷の部分をガーゼや薄い布で覆ってあげましょう。

3.ペット葬儀屋に連絡する

安心して依頼できるペット葬儀業者の選び方

プラン、料金などがわかりやすく記載、説明されているか

予約の際に、料金総額をしっかり説明するか

お客様のご不明点にすべてお答えできるか

ご葬儀は、今まで幸せをたくさんもらったペットちゃんにしてあげられる最後のひとときです。
感謝の気持ちを込めてお見送りをしてあげられるペット葬儀業者を選びましょう。

ペット葬儀おやすみへ電話で問い合わせる

問い合わせフォームで問い合わせる

LINEで問い合わせる

ペット葬儀おやすみが
お客様に選ばれる理由
4つの安心

point1

最期の時までペットちゃんと
寄り添える葬儀

「おやすみ」のスタッフは全員、大切なペットを見送った経験がある者です。この経験をもとに、ご家族の気持ちに寄り添いながら、スタッフ一同心を込めて葬儀をさせていただくことをお約束いたします。
飼い主様それぞれのご希望に可能な限り対応させていただきます。お気兼ねなくご相談ください。

point2

法令順守

安心してご利用いただけるサービスを提供するため、法律、条令を順守することをお約束します。「おやすみ」で使用している火葬炉は、ダイオキシンを含む有害物質・汚臭・騒音等の各種基準をクリアしているため、住宅街での火葬も可能です。さらに万全を期すため、火葬の際はご家族、近隣住民様に配慮し、ご迷惑にならない状態を確保いたします。

※ペット不可物件にお住いの方へ。

point3

追加料金は
一切かかりません

葬儀の内容や火葬料金は本ページに記載されたもので、ご予約時に、必ず総額をお伝えいたします。葬儀当日に、お伝えした以外の費用がかかることはございません。

※当日、お客様よりプラン変更のお申し出があり、それに対応させていただいた場合は、この限りではありませんことをご了承ください。

point4

小動物の骨の形まで
きれいに残ります

「おやすみ」の火葬炉の技術は、犬、猫などはもちろん、うさぎや小動物のハムスターやインコ、文鳥といった小動物のお骨も飛ばさず残すことができます。すべてのペットちゃんの命に敬意を払い、火葬・葬儀をすることをお約束いたします。