ペット葬儀「おやすみ」 » ペットとの暮らし » 自宅で猫が亡くなったら? 猫の死亡を確認する3つの方法

ペットとの暮らし

自宅で猫が亡くなったら? 猫の死亡を確認する3つの方法

2021年5月19日

先日、猫の火葬のお問い合わせをいただいた際、ご家族様が

「今、息を引き取ったような気がするんですけど、まだ生きているかもしれません」とおっしゃっていました。

.

自宅で猫ちゃんが亡くなった場合、「本当に亡くなっているかどうか」判断をする必要があります。
動物病院に連れて行って獣医さんに診てもらうのが確実ですが、「弱っている猫を動かしたくない」と思うご家族様も多いです。

猫の死亡を自分で判断する3つの確認方法

このような場合、以前獣医師さんから伺った「猫の死亡を自分で判断する3つの確認方法」をお伝えしています。

.

1、呼吸をしているかどうか
お腹の動きなどを見て、呼吸をしているかどうかを確認する

2、心拍や脈があるか
猫ちゃんの胸に手を当てて、心拍や脈があるかどうかを確認する

3、瞳の反応を見る
猫ちゃんの目に光を当てて、瞳孔が縮まるかどうかを確認する

.

この3つが、家でできる猫ちゃんが亡くなったどうかを確認する方法です。いざというときにあわてないためにご参考になさってください。

.

ペットのお見送り・火葬は 
ペット葬儀おやすみ

ご自宅でご家族様の望まれる形での葬儀をご相談ください。

亡くなったペットとずっと一緒にいられる【プランター葬】もございます。

0120-139-757 (24時間・年中無休)

いつでもご相談ください。メールLINEでもお問い合わせいただけます。