ペット葬儀「おやすみ」 » ペットとの暮らし » ペットの命をつなぐ【プランター葬】で多肉植物をおすすめする理由

ペットとの暮らし

ペットの命をつなぐ【プランター葬】で多肉植物をおすすめする理由

2021年5月17日

ペットが亡くなってしまった後のご供養方法には、

  • 火葬後、遺骨を動物霊園に埋葬する
  • 火葬後、遺骨を自宅に置いて手元供養する
  • 海洋散骨
  • 樹木葬
  • プランター葬


など、さまざまな方法があります。

ペットちゃんのご供養方法に決まりはなく、ご家族様がペットちゃんを偲ぶ気持ちが大切だと考えております。

.

「おやすみ」ではペットちゃんを手元供養をされる場合、ハムスターなどの小動物や、犬や猫の遺骨をプランターに埋葬してそこに植物を植えるプランター葬をおすすめしております。プランター葬をおすすめする理由、詳しくはこちらをごらんください。

.

プランターに植える植物でおすすめしているのが、多肉植物。「おやすみ」で取り扱いをさせていただいている「プランター葬セット」でも、お送りしているのは季節の多肉植物です。

おやすみプランターセット

多肉植物をおすすめする理由は
お手入れのしやすさ
見た目のかわいらしさ
などいろいろとございますが、最大の理由は

多肉植物は、葉っぱ1枚からでも新しい命を生み出すことができる珍しい植物であること

です。

.

「おやすみプランター」をコラボでプロデュースしていただいた、多肉スタイリング協会主宰のKurumi Succulentsさんに教えていただきました。

.

配送の際や、ちょっと手が触れてしまってポロッと取れてしまった葉。
挿し木の際に取った葉は、捨てずに、プランターの土の部分にそっと置いておいてください。

必ずではありませんが、10日ほどで根っこがや新しい芽が生えてくることがあります。

多肉スタイリング協会主宰のKurumi Succulentsさん

.

私の自宅のプランターの多肉植物からも、新しい命が生まれていました。

多肉植物は、花をさかせ、種を落とすほかに、葉っぱを落として自分の命をつなぐ植物。プランターのお手入れをすることで、亡き引き続き亡きペットのお世話をしているような気持ちになり、心が癒されています。

ペットを偲ぶプランター葬で育てた多肉植物から新しい命が生まれ、命のつながりを感じています。

.

ペットのお見送り・火葬は 
ペット葬儀おやすみ

ご自宅でご家族様の望まれる形での葬儀をご相談ください。

亡くなったペットとずっと一緒にいられる【プランター葬】もございます。

0120-139-757 (24時間・年中無休)

いつでもご相談ください。メールLINEでもお問い合わせいただけます。