ペット葬儀「おやすみ」 » ペットとの暮らし » ペットのお世話、結局ママがすることになる問題

ペットとの暮らし

ペットのお世話、結局ママがすることになる問題

2020年9月14日

「犬飼いたいな~」
「〇〇ちゃん、お世話ちゃんとできるの?」
「できるよ!」
「ほんとに?」
「うん、絶対やるから!」

という流れをへて飼ったペットちゃん。

でも実際は、子どもが1から10までペットちゃんのお世話をするのは難しいので、
結局、ママがお世話することになる問題はどこの家でも発生します(笑)。
これはある程度仕方ないのことなのかなと思います。

でも、子育てをするうえで
ペットちゃんを飼ってよかったなと思うことはそれ以上に沢山あります。

子育て中にペットを飼ってよかったこと

  • 子どものよき遊び相手になってくれる
  • 話さない相手(ペットちゃん)の気持ちを読み取ろうとする
  • 学校でイヤなことがあったときに癒してくれる
  • 責任感が出る(←エサやり、水の交換など自分の係は頑張る)
  • 家族の会話が増える

などなど。

そして何より、生と死を見届けることで命の大切さをペットちゃんが教えてくれると思います。

お互いいい遊び相手♪

子どもとペットのいる生活は、本当にいいものです^^

ペットのお見送り・火葬は 
ペット葬儀おやすみ

ご自宅でご家族様の望まれる形での葬儀をご相談ください。

亡くなったペットとずっと一緒にいられる【プランター葬】もございます。

0120-139-757 (24時間・年中無休)

いつでもご相談ください。メールLINEでもお問い合わせいただけます。